特集:HOLLYWOOD AWARD 2012

数年前まで年始の恒例企画であった、年間ベスト企画『HOLLYWOOD AWARD』をこの度復活させることになりました。1月も終わりになろうとしてるのに2012年の年間ベストはナシでしょう!とツッコミが入るのは重々承知しておりますが、たくさんの方から「お正月にアレ読むの楽しみにしてたんだよなあ……」という声を頂いてのことだったので大目に見て下さい(笑)。執筆者はHOLLYWOODのメンバーはもちろん、HOLLYWOODのOBとOG、さらにはHOLLYWOODとゆかりのある方の分も掲載しております。今回HOLLYWOODのメンバーが選出したディスクは、1/26のラウンジパーティーで配信したUSTREAMで、各々が楽曲解説しました。録画もしておりますので、連動してごらん頂ければ幸いです。http://www.ustream.tv/recorded/28816471

過去の『HOLLYWOOD AWARD』のリンクはこちら。
『HOLLYWOOD AWARD 2004~2008』
『HOLLYWOOD AWARD 2009』

394312_279276325461002_1518833877_n

山本 圭一(HOLLYWOOD)

HOLLYWOODは2012年でまさかの15周年を無事迎えることが出来ました。いつも僕たちの活動を応援して下さる皆様には感謝の気持ちで一杯です。今年も様々な活動をしていきますので、パーティーには気軽に遊びにきて下さいね!


DISC OF THE YEAR

2012_09_09_2_1 Esperanza-Radio-Music-Society 02SGF_jacket_Omote_Final_NEW_OL

1. KYOTO JAZZ MASSIVE feat. Bembe Segue / Mystery Of Ages(10inch)
KJMの久々の新曲であるカルロス・ガーネットのカヴァーを一位にさせてもらいました。原曲をよりパワフルに増幅した、ジャズファンク・チューンは、ドラムブレイクやブラジリアンが挿入されて、一曲の中で聴き所がたくさんあるフロアキラーになりました。15周年パーティーで沖野さんが絶対にかけるはず!と期待してみんなで待ち構えていましたが、残念ながらかからなかったので、次回の楽しみとしてとっておきますよ!(笑)。

2. Esperanza Spalding / Radio Music Society(CD)
ゲットーの貧しい家庭で育ちながらも、その才能を買われ、バンバン奨学金を貰い、ついにはあのバークリー音楽大学で20歳で教鞭を執るまでに至った(!)エリート中のエリート、エスペランサ。ジャズをやったコリーヌ・ベイリー・レイとでもいいましょうか(華奢で可愛い黒人の女の子というルックスも似てますよね)。曲の構造はものすごく複雑でハイレベルですが、それをあくまでポップ・ミュージックとしてさらり聴かせてしまうテクニック。働く大人の女性が自宅で聴いてるのを妄想しただけで幸せになれます(笑)。

3. SCOTT GOES FOR / SCOTT GOES FOR(CD)
新井仁さんの新生バンドSCOTT GOES FOR。最初は(これを17歳の自分に聴かせたかった…)なんて思いましたが、何周も聴いてるうちに、三十路を超えた今だからこそ理解できる輝きもあるのだ!と思い直しました。「秋に変わってしまった夏。すべてを手に入れられると思っていたこと。女性の裸をすでに見てしまったこと。 季節が過ぎてしなびたはずの果実が、もう一度水をたくわえはじめたときの感動を知っているか?」

2012年で最も印象に残った事:ロードバイク(自転車)を買ったこと
ある日突然、なぜだか無性に速い自転車が欲しくなり、思い切って『Bianchi Infinito』を購入(25万円)。得意のローン地獄に陥りましたが、それを補って余りあるくらい自転車は楽しい!異常に楽しい!ニセコ、美瑛、富良野などなど、いろんなところでツーリングしました。

PERSON OF THE YEAR:菊地成孔さん
氏の活動はもちろん以前から拝見・拝聴していましたが、より虜になってしまったのはTBSラジオ『菊地成孔の粋な夜電波』。毎週菊地さんのWBO(悪くてバカでおもしろい)トークと、舌鋒ほとばしる論客っぷり、そして何より素晴らしい音楽で楽しませてもらってます。特に下記リンクの放送回は何度聴いても涙が出そうになりますね。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm15813037

『FOOD』OF THE YEAR:札幌『bar & kitchen fork』のハンバーガー
HOLLYWOODのOB半田さんと旧知の仲である、中嶋さんのお店。ここのハンバーガーが「ハンバーガーを超えた何か」としか言いようのないウマさで。西区西野と中心部からは少し遠いですが、このハンバーガーのために足を運ぶ価値は十分にあると思います。
http://cafefork.exblog.jp/


IMG_0981

戸野 晶雄(HOLLYWOOD)

去年は音楽欲が盛り上がってレコードばかり買って貯金が貯まらず。今年旅行にでも行きたいなと思ってます。今年も宜しくお願いします。


DISC OF THE YEAR

2nd_jkt_mini raw 31cD-EKHQHL._SL500_AA300_

1. mabanua / only the facts
『柔らかで重なった音』この感じは久しぶりかも。歌声がスイート。tahiti80のXavier Boyerも参加。jazzy sport好きもインディー好きも楽しめる全方位型高品質音楽。

2. KENJI TAKIMI / MIDDLE TEMPO(≒LIFE) CRISIS
レアグルーブ、スローハウス、ニューインディ…etcクロスオーバーして展開していく感じが理想的。こんな風なプレイを現場で聴きたい。。。色気のあるプレイ。

3. 禁断の多数決 / はじめにアイがあった
今年買いましたが去年リリースなので。名前のインパクトとジャケ買いでしたが、曲がひねって、ひねくれてて全曲面白いなと思います!ヤングポップ。

2012年で最も印象に残った事:釧路のクラブ事情
個人的に道東だと今一番面白いパーティーが組まれてるのではと思います。なので釧路に遊びに行ける時は楽しみなのです。DJ KAZETTAさんのビートダウンのMIX CDも痺れる、GONNOさん(行けなかったですが)ゲストとかMUROさんも。痺れる。今年はもっと色んな都市から湧き出る音楽を聴いて、痺れたものを紹介できたらなあと思います。

PERSON OF THE YEAR:山本圭一
手前味噌ですいません。2人で遠出の際、人のコーヒーを勝手に飲み干す男。送迎があるから皆飲酒は厳禁でと言いつつイベント開始直後にビールを飲み干す男。いつもシャレオツな男。ちょっと抜けている所が面白い。遠くから観てると面白い。揚げ足とったときの反応が面白い。ハリウッド代表。

『TVの企画』 OF THE YEAR:『テベ・コンヒーロー』
コウメ太夫で笑ったら即芸人引退スペシャル。腹がよじれる程の破壊力を持った回でした。テツandトモのなんでだろうを解決してしまう回も最高です。


IMG_7242_Snapseed

伊藤 孝彦(HOLLYWOOD)

2012年もいろんなことがありましたね。気付けば肌荒れが気になるようになり、あるときは頭頂部のハゲを指摘されたり…いや、大人になったんですね。やっと(笑)。


DISC OF THE YEAR

LA_PHARAOH_MAGIC001 20120615_tofubeats2_v 595647cover

1. ZEN-LA-ROCK / LA PHARAOH MAGIC
2012年はここから始まったとっても過言ではないはず。全編ZEN様仕様のキラートラックを鎮座DOPENESSやBTBといった豪華ゲストが彩る贅沢な一枚。GREAT SUMMER VACATIONから始まるこのアルバムはこれから一層増すであろうこの冬の寒さも、大雪も吹き飛ばしてくれそう。

2. tofubeats / 水星
前年リリースのアナログ盤も人気だったこの曲を6月のitunesで配信。またYUKIやHALCALI他アーティストの公式RMXも手がけ、2012年も勢いの止まらなかったtofubeats。街の灯りや都会の空気を詰め込んだような、人と人とが触れ合う場面を綺麗に切り取ったようなアーバン・メロウチューン。エレピとシンセのカラミが心地良い。

3. Televisor feat. Maya Killtron / STAND UP!!!!
STARDUST RECORDSの看板。イギリスのTelevisor(テレヴァイザー)が放つフィルターディスコハウス!Mayaの歌声が聞き手を宇宙に連れて行ってくれそうな、そんなふわふわした感覚に魅了されついつい聴き込んでしまう。

http://youtu.be/ttkJNwG3D4s

HOLLYWOOD 15周年スペシャル!
日頃応援してくれる皆さんのおかげでハリウッドは活動15周年を迎え、スペシャルイベント”DOUBLE LEGEND”も成功させることができました!これからも皆さんに楽しんでいただけるよう頑張っていきますので応援よろしくお願いします!

PERSON OF THE YEAR:潮来市のマッサージ師
研修で潮来市のホテルにチェックインし夜の街をウロウロ徘徊してたら見つけたタイ式マッサージ店。旅の疲れを癒そうと店内に入りマッサージを受ける・・・のはいいんだけどなんかとなりの部屋の様子がおかしい。タイ人のおばちゃんがお客に「ムスコサン、サムイサムイネ~」「ムスコサンオフトンカケナイトカゼヒク」って話すのが聞こえた。・・・ちなみにこれフツーのエッチじゃないマッサージ店でのお話です。

『App』 OF THE YEAR:Grand Theft Auto vice city 10th anniversary edytion
iPhoneアプリを物色していたらGTA vice city発見!懐かしくてついつい購入。単純な移植版かと思いきや、全く新たなストーリーでした。面白い!いやぁ何が魅力ってゲーム内での行動の自由度がありすぎですよね。秀逸!!!


542188_441543795900920_1342633067_n

上石 和弥(HOLLYWOOD)

2012年も大変お世話になりました。振り返ってみると、何もなかったようで、タンテをようやく買ったり、ボードを新調したり、好きなブランドの服を買ったりと、仕事をしているといいこともあるんだな(当たり前)と、ダメ人間は思いました。ただレコードをあまり買えなかったので、今年も頑張って働いて、たくさんレコードを買いたいです。SHEEP GRAPHICSもよろしくお願いします。


DISC OF THE YEAR

91qhPtQEawL._AA1500_ The-Beauty---Love-In-The-Heart-of-The-World-Shout 61QFlu2BwrL

1. BreakBot / By Your Side
Justice率いるED Bangerのペドロが、「Justiceの次はコイツだ!」というBreakBot。やっとアルバムだしたかーっという感じで、結構知ってる曲があったけど、すごく良いアルバムだと思いました。PACIFIC!が参加している曲もあったり。チョコレートのジャケもすごく良いです。SO MEじゃないみたい。

2. THE BEAUTY / Love in the heart of the world shout
僕これ、アートワークが、YATTのYoshirottenさんによるものだから買ったんです。そしたら内容凄く良くて、、、。繊細で、丁寧で、綺麗で。そして後から気付いた、CRUE-Lだったのね、と。これくらい緻密な曲を作れるようになりたいです。

3. 藤原ヒロシ / この先に
他にもBest3にあげたい曲があったんですが、これで。音的には、藤原ヒロシさんならではのdubにアコースティックを、フォークを織り交ぜたという、誰かがやってそうで誰もやってなかった音。それよりもなによりもメッセージ性でしょうか。震災だけじゃないことにも通じるメッセージがあると思います。

2012年で最も印象に残った事:盲腸
26歳にもなって盲腸炎になるとは思わなかった。お見舞いに来てくれた友達が、エロ本を買って来てくれたのも良い思い出です。

PERSON OF THE YEAR:幼なじみの青島くん
彼は2012年、めでたく結婚しました。幼なじみが結婚するのは自分の事のように嬉しいものです。おめでとう!!末長く御幸せに。青島くん a.k.a strong ‘you-G’。この名前を覚えていて下さい。

『高城剛の著書』OF THE YEAR
1. 『BODY RESET 身体の再起動』
現代人に提案する健康法の本なのですが、高城さんは、玄米しか食べてないらしく、それに感化された僕は、納豆ご飯しか食べないと心に決めました。夜中にラーメン食ってるけど。
2. 『モノを捨てよ世界へ出よう』
溢れる所有物を、スーツケース二個にまで減らし、世界で仕事をする高城さん。モノが大好きな僕はとうてい真似出来ないですが、世界を旅しながら仕事をするライフスタイルは憧れです。またバカにされるでしょうが!
3. 『LIFE PACKING(ライフパッキング)【未来を生きるためのモノと知恵】』
そんな高城さんの所有物を写真付きで紹介している一冊。結構面白いので読んでみて下さい。


DSC_7987

山口 廉平(HOLLYWOOD / 札幌市)

結婚しました!
あと飲み過ぎました食べ過ぎました太りました~


DISC OF THE YEAR

safe_image animal-collective-todays-supernatural DIIV-Oshin

1. Holograms / ABC City
2. Animal Collective / Today’s Supernatural
3. DIIV / Oshin

ネット試聴はしない(聴いてしまってから買いたくない)、音楽雑誌も読まない(snoozerしか読んでなかったから今は読むのが無い)ので、当然買うものに困り、音楽離れをしみじみ考えていた昨今でしたが、でも現実はamazonやHMVでのレビューを信用してカートイン→「これを買った人はこれも~」的なやつイン→「あなたにお勧めの商品があります」的なやつイン...と金にものを言わせて買い漁るという破滅的な音楽ライフを過ごした2012年でした(もうやらない)。買いすぎて聴いてないものもあるので、上記に挙げたベストはiTunes再生回数上位で選びました。



2012年で最も印象に残った事:これも結婚で!
ほんと歳をとるのは早いものです。「川の流れのように~」ですね。

PERSON OF THE YEAR:妻&ミスターSASUKE山田勝己。
妻はこれからもよろしく!山田は今までありがとう!

『FOOTBALL CLUB』OF THE YEAR:ボルシア・ドルトムント
今季CLグループリーグでは、レアル、マンC、アヤックスと各国リーグチャンピオンと同居したに死の組にもかかわらず、まさかの首位通過!ハイプレスの徹底&ショートカウンターと1本のロングパスの使い分け、ゲッツェ&ロイスの閃き等々、今世界で一番旬なサッカーをしているのはバルサではなくドルトムントです。


8400924150_d7779c7a5a

奥山 一浩(別海 MUSIC SHOP PICKUP)

格好いい音はとにかく格好いい、凄い音はただただ凄い、ヤバい音は有無を言わさずヤバい、そんなストレートな感情が込み上げる作品やライブをたくさん目に耳にした年でした。


DISC OF THE YEAR

GroovemanSpot news_large_marter_jacket_fix LA_PHARAOH_MAGIC001

1. grooveman Spot / PARADOX(CD)
前作のグルーヴをビルドアップし様々なジャンルの要素を重ねたハイブリットビートサウンド。

2. Marter / FINDING & SEARCHING(CD)
最新鋭のビートを使用し優しさと暖かさが強烈にアピールするボーカルが素晴らしいハイブリットソウル。

3. ZEN-LA-ROCK / LA PHARAOH MAGIC(CD)
F/R/E/S/H/でF/U/T/U/R/E、/U/R/B/A/N/でM/E/L/L/O/W/、HIP HOPのF/U/N/な部分全開のPARTY SHIT。

2012年で最も印象に残った事:HOLLYWOOD 15周年
“何もない”って言われる事の多い我が町ですが、”これがある”って言える事の一つがなんと15年目を迎えたと。これからも応援してます。

PERSON OF THE YEAR:別海や道東各地の音楽の現場で刺激を与えて下さった皆様
そこで受けた刺激を肥やしに週末まで楽しく頑張るというルーティーン。

『BOOK』OF THE YEAR:『FRANK JP CHAPTER 03』
ロンナイ本、スリッツ本、MURO本、丘の上のパンク…に並ぶ名著。この時代があったから毎日楽しくいられます。
http://frank151.jp/content/book/1963/


408601_271315576318385_1674186536_n

半田 尊(中標津 Range Life)

毎日、美味しい珈琲を飲みながら、好きな音楽を聴き仕事が出来た1年。劇的なことはないけれど、素晴らしき平穏な毎日。そんな2012年でした。


DISC OF THE YEAR

Cat Power / Sun (jake-sya)(BGJ-10155) TOCP-71265-360C 20121227_21570

1. CAT POWER / NOTHIN BUT TIME (アルバム『SUN』から)
捨て曲なしの名盤(CAT POWERには駄作がないけれど)の中から。メロディも歌詞も声も、ただただ感動的。

2. JAMES IHA / MAKE BELIEVE (アルバム『LOOK TO THE SKY』から)
アルバムの1曲目。久々の2ndで、期待度マックスのこちらの予想を冒頭のギターのメロディで軽く超えるという離れ業。天才。

3. ハンバートハンバート × COOL WISE MAN / 23時59分 (アルバム『ハンバート・ワイズマン!』から)
シニカルで楽しくちょっと深い曲。息子も大好きダンスミュージック。

2012年で最も印象に残った事:ストーンローゼスの復活
僕らの世代にとってはビートルズより偉大だから。

PERSON OF THE YEAR:スコットゴーズフォア
新井君、沖井さん、坂木さん、ゲンちゃんのスーパーな4人組がスーパーなアルバム作っちゃって、スーパーなライブを披露。素敵なお兄さん方です。こんな歳の取り方をしたいです。若いロックファンの子達にも聴いてもらいたいな。

『洋食屋』OF THE YEAR:キッチン 飛鳥
中標津に6年もいて誰も教えてくれなかった。胃もたれのしない揚げ物が最高。とんかつ、ミックスフライがおすすめ(お米のやわらかさは大目にみてね!)。漫画のチョイスも最高!自分が中標津に求めていたものは洒落た店じゃなく、この感じ。おじさんとおばさんの適度な距離感の接客も好き。


457377_148360478649820_853050466_o

清野 俊也(北見市)

皆さんからの出産祝い、本当にありがとうございました。大切に使わせていただいてます。去年はついに1回もDJをしませんでした(学校では4回やったけど)。BEST DISCを紹介するのもおこがましいですが、一応紹介します。


DISC OF THE YEAR

tumblr_maiqkcm0RW1qb343ro1_1280 51tEWK+TDeL._SL500_AA280_ freshonlyLSD

1. Lil B / California Boy(BasedWorld Records)(配信)
「キミに歌ったラブソング」のLil Bじゃありません念のため。新世代ラッパーが放った、まさかのインディー美メロチューン。これは掟破りの逆ビースティーボーイズか、やけのはら西海岸版か。今年出るアルバムもこのテンションで作ったらヤバすぎます。

2. SABA LOU / UNTIL THE END(WACKY WACKO)(7inch)
JACKSON 5からLIL BOW WOWまで、子供が英語で歌ってれば全部好きです。これはガレージ王KING KHANの愛娘Sabaちゃんがアコギをバックにたどたどしく歌う今年最高のキッズもの。

FRESH & ONLYS / LONG SLOW DANCE(MEXICAN SUMMER)(LP)
モロに初期CREATIONから出てそうな青春ネオアコですが、こういうのって新譜で追い続けることが一番大切のような気がするのです。

2012年で最も印象に残った事:子供が生まれたこと
とにかく最高の年でした。

PERSON OF THE YEAR:創介くん(6ヶ月)
言うまでもありません。

『北見ラーメン』OF THE YEAR:「麺や明星」
「麺や明星」の和風だし醤油ラーメン(+通常縮れ麺+ネギ増しバージョン)を食べに毎週通いました。間違いなくベスト醤油ラーメンin北見。内装、マンガ、ゲーム、BGMをすべて80年代に統一するセンスも最高。さらに店主がイイ人すぎ。大推薦です。
https://twitter.com/myojomaster


281551_101859419914768_7223215_n

カネコ リン(東京都)

なんだかんだで小さい頃からの夢だったデザインの仕事に(一応)就けたし、よい年だったなとしみじみ思います。一昨年は忙しくてあんまり実感がなかったけど、「そういえば私って東京にいるんだな」と今更ながら思ったのに気がついたら千葉県民になっていたのなんで。


DISC OF THE YEAR

20120615_tofubeats2_v tumblr_mdw29pUIGX1qisobto1_400 81yRgKU-YQL

1. tofubeats / 水星
一時期こればっかり聴いていました。ちょっと切ないようなアンニュイな感じがクセになります。これ聴きながら電車の外を流れる景色とか見つめちゃったりして、あー妄想が捗るったらありゃしない。

※動画は伊藤孝彦の欄をご参照下さい。

2. でんぱ組.inc / くちづけキボンヌ
2012年の発売ではないのですが、自分が聴いたのが2012年というのと「LOCAL IDOL BEST!」で新メンバーVer.が収録されたので。サビの「時間切れの恋を〜」という歌詞が良くて、妄想が捗るったら(以下略)

3. 田村ゆかり / Everlasting Gift
最高。それ意外にもう何も言えない。ゆかりんが天使すぎて生きるのがつらい。

http://youtu.be/tfEIw6PjA7Y

2012年で最も印象に残った事:別海へ向かう飛行機で疲れてウトウト寝てて、起きたら隣に須永辰緒さんがいたこと。

PERSON OF THE YEAR:やっぱり、声優の田村ゆかりさん
通勤の電車の中でゆかりんの曲を聴きながら何度、ゆかりんと同じ時代に生まれてこれてよかったと目頭を熱くさせたかわかりません。ゆかりんマジ大天使。

『MOVIE』OF THE YEAR:ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q
ネタバレになるので詳しくは書けませんが、色々すごかった。あたしゃ庵野の才能が怖いよ…


IMG_7068

NOBU-ROCK(仙豆)

2012年は穏やかな一年でした。そしてそれが本当に幸せなことだと実感できた一年でした。


DISC OF THE YEAR

M132434W595 R-3956368-1350462138-3564 mzi.opxsnycu.170x170-75

1. MR. VEGAS feat. CONKARAH / A LITTLE LOVE
cover曲ですがまさにナイスLovers rockでナイスCombination Tune!!

2. BOB MARLEY / IS THIS LOVE ROOTS REMIX
Legend BOB MARLEYのRemix。まさにRoots Remix。ベースラインがめちゃくちゃかっこいいです。深夜から朝方に聞きたくなります。

http://youtu.be/do95uiWaWFk

3. SLIM SMITH / PEOPLE GET READY
Rock Steadyの代表曲、本当にRock Steadyは最高!!って思わせてくれる曲です。ちなみに1968年発表です。

2012年で最も印象に残った事:息子の成長の日々
子供の成長は本当に早い!!

PERSON OF THE YEAR:HI-STANDARDの難波さん・横山さん・恒岡さん
とにかくかっこよすぎです。大好きです。

『旅行』OF THE YEAR:小樽~積丹
初めて行きました。日本海の海もウニも最高!!

LINEで送る
Pocket